二十年ほいっぷ

二十年ほいっぷをニキビができた時に使った話

洗顔料にこだわる方は、何らかの肌トラブルを抱えている人が多いものです。
特に、ニキビなどが繰り返してしまって困っている人もいるかと思います。

 

ですので、ここでは「二十年ホイップ」は果たしてニキビ対策の洗顔料として
向いているのか?または、不向きであるのか考えてみました。

 

 

二十年ホイップの画像

 

 

ニキビができた時って、私は結構、神経質になって洗顔料も見直すのですが、二十年ほいっぷに関しては
販売元に問い合わせてみた所「ニキビがあっても使って問題ない。」という事でした。

 

電話に出られたオペレターの方、曰く 「二十年ほいっぷには、抗菌作用のある成分が配合されているのでニキビ肌」にも良いのだとか。

 

成分の名前を聞いて、二十年ほいっぷの成分説明を改めてみて見ると意外とニキビ肌にも良い事がわかりました。

 

 

ニキビ肌画像

 

 

 

 

二十年ほいっぷの成分とニキビ肌への作用

 

 

まず、ニキビ肌の場合に洗顔料の役割としては、お肌を清潔にする事です。
清潔と言うのは、余計な皮脂の汚れをしっかり落としてくれるかどうか?
ここがポイントになります。

 

 

 

シラカンバ樹液 ⇒ 抗菌作用がある
セイヨウキズタエキス⇒ 炎症を抑える
アラントイン      ⇒ 洗顔料に良く使われる消炎作用のある成分

 

 

 

以上の成分は、ニキビ対策の洗顔料の「お肌を清潔する。」という部分にあたる成分です。

 

 

 

それから、ニキビは落とすだけでは、駄目です。

 

特に、大人ニキビの場合は、お肌の乾燥などが原因となる場合があるからです。

 

 

 

二十年ほいっぷの場合は、ここに該当するのが以下の成分です。

 

 

ホエイ他        ⇒ 肌に潤いを与える

 

 

 

 

これらの成分と二十年ほいっぷの性質はは、ニキビ肌の洗顔に必要不可欠な

 

 

■ 殺菌・炎症を沈める

 

■ 潤いを残す

 

■ 肌を傷める事なく汚れをしっかりと落とす

 

 

 

という三つの事をクリアしているのでニキビ肌に使用しても効果が期待できると思います。

 

 

 

 

二十年ほいっぷの商品画像

 

 

私自身がニキビができた時に二十年ほいっぷを使ってみました。

 

 

実際に私自身がニキビが多発した時に(原因は不明)洗顔はこの二十年ほいっぷだけ使用しましたが
悪化する事なく、すぐにニキビも治まりました。

 

 

ですので、二十年ほいっぷは、ニキビ肌に使用しても大丈夫。

 

もっと言ってしまうと、ニキビ肌のケアにも適した洗顔石鹸と言えると思います。

 

 

 

二十年ほいっぷは正しい使い方をして効果を最大に発揮できます。

 

使い方については、下記の記事を参照下さい。

 

 

二十年ほいっぷの使い方について

 

 

 

 

二十年ほいっぷの情報を皆で共有しましょう。下記SNSにて。