二十年ほいっぷ

二十年ほいっぷは使用量が最低でも「2cm」が良い理由

ここでは、 こういう風に使うと二十年ほいっぷの効果が上がるっていう使用方法について書いていきます。

 

二十年ほいっぷは、チューブになっているのですがどれぐらいの量をとるのかなんて

 

普段あまり意識しませんよね?

 

 

でも、この二十年ほいっぷの使用量は、効果に直結してくる様です。

 

 

 

二十年ほいっぷの正しい使用量

 

 

 

 

 

 

 

二十年ほいっぷの使用量は少なくでも「2cm」以上にして下さい。

 

 

二十年ほいっぷをお肌に使用する場合は、使用量が最低でも「 2cm 」を目標に
使用してみてください。

 

 

なぜ、「 2cm 」以上なのでしょうか??

 

 

それには、こんな明確な理由があるのです。

 

 

 

二十年ほいっぷは、あまり使う量が少ない

 

十分に泡立たないので洗顔がしにくくなります。

 

それから、泡の量が少ないと、肌に直接手が擦ってしまって

 

お肌が傷ついてしまいます。

 

 

ですので、十分につかって目安として使用量を

 

 

「 2cm 」以上で使用してみてください。

 

 

 

十分な使用量がたっぷりの泡を生みます。

 

 

 

泡でやさしくお肌を洗うのは洗顔の基本ですのでこの点は十分気をつけてください。

 

 

つまり、洗顔にとって大切なのは、汚れをしっかり落として肌を傷めない事です。

 

 

 

 

これを実現する為の、使用量「2cm」なのですね。

 

 

 

 

 

また、専用の泡立てネットに、チューブから二十年ほいっぷはの洗顔料を取り出して

 

 

ぬるま湯を少したらして、揉みこむと濃厚で弾力な泡ができます。

 

 

 

洗顔ネットに空気をふくませる様にするのが、濃い泡を作るコツです。

 

 

 

二十年ほいっぷの泡立て方

 

 

 

 

二十年ほいっぷは正しい方法で使用すれば効果も期待できる

 

 

化粧品全般にいえる事ですが、正しい使い方をすればそれだけ、効果も引き出せます。
特に洗顔の場合はどうしても「わかっている。」気になって正しい洗顔方法や
洗顔料を正しい使い方をしていないケースがあります。

 

 

 

反対に、正しい使い方をしないと肌を傷めたり、乾燥の原因となりますので

 

二十年ほいっぷは、十分な量を使って、しっかりと泡立てましょう。

 

 

 

 

ですので、二十年ほいっぷを正しい使い方で効果を実感しましょう。

 

 

 

「二十年ほいっぷ」正しい使い方

 

 

 

正しい使い方をすれば二十年ほいっぷの効果を実感できると思います。

 

私が実際に使ってみて感じた二十年ほいっぷの効果はコチラをお読み下さい。

二十年ほいっぷの情報を皆で共有しましょう。下記SNSにて。